店舗(鍼灸接骨院)兼用住宅|はなみずき鍼灸接骨院の新築設計・デザインからお引渡しまで

設計した店舗(鍼灸接骨院)付き住宅の上棟式

新築設計・デザインから完成引渡しまで
はなみずき鍼灸接骨院

 

01|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の建築予定地の調査へ

建築敷地の調査へ

先日事務所にお越しいただきました接骨院を建築予定の先生の建築予定敷地の周辺環境や前面道路、水路などの設備関係、電柱の位置などなどの調査を行ってきました。
次に市役所や法務局などをまわり、法規チェックを行います。

ん?この看板は以前どこかで見たような^ ^

隣地との関係を調査・測量

隣地との境界が現状どうなっているか?高低差はあるか?敷地境界杭があるか?などを調査します。

前面道路との関係の調査

前面道路と敷地との関係も、歩道があるか?歩道に縁石があるか?道路側溝があるか?排水は?前面道路の交通量は?などを調査し、後日市役所や県など前面道路の道路管理を行っている行政へ行き、道路幅員や道路名、都市計画道路か?などを調べます。

電柱の位置の調査

電柱の位置は電柱から建物への電線引き込みに関係してきますので、敷地に対して道路の手前側か?反対側か?敷地内か?などの調査を行います。
電柱が敷地内に立っている場合は、中部電力と協議をして敷地外に移動をしてもらう事もあります。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

02|清須市西枇杷島庁舎へ

敷地の法規(建築基準法や都市計画法、市の条例など)や道路関係、上下水道の埋設状況などを調べに清須市西枇杷島庁舎に来ています。
こちらの庁舎、1階に市役所が入り3階以上がマンション?になっているようで、マンションの1階に市役所という造りにちょっと驚きました^ ^
さあ、ダッシュで帰社し今日調べたデータをまとめます。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

03|テナント店舗にて新築鍼灸接骨院の打ち合わせ

院長先生が現在店長をされているテナント接骨院へうかがい、ベットの間隔や医療機器、受付まわり、待合などの寸法を採寸しながら先生の新しい鍼灸接骨院での施術方法や動線のご希望などをお聞きしました。
施術スペースは勿論ですが、受付まわりも開院をされる先生によってカルテの収納方法、パソコンやレジの位置などご希望がさまざま。
今日は先生に動きを体感していただきながら、じっくりご希望を聞ききし、「その場合はこうしたらどうでしょうか?」などこちらからのご提案も多くさせていただけたとても内容の濃い打ち合わせとなりました。
早速、今日の打ち合わせ内容をプランに活させていただきます^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


04|住宅設備機器名古屋ショールームへ^ ^

 

院長先生と住宅設備機器名古屋ショールームへ行きシステムキッチンやユニットバス、洗面・化粧台、トイレまわりなどの住宅設備機器をショールームアドバイザーさんの説明を聞きながら仮決定をさせていただきました^ ^
住宅設備機器ですが、ほとんどのお客様は1回ではまず決まりませんので、院長先生にはこれから数回はショールームにご一緒いただく事になると思います^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


05|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の敷地レベル(高低差)測量へ

敷地のレベル(高低差)測量を行ってきました。
レベル測量とは建築予定敷地内の高低差、前面道路や隣地と建築予定敷地との高低差を測量する事。
今日のレベル測量の数値を使って建物1階の床の高さや建物の高さ、駐車場の勾配などの外構の設計を進めていきます。
鍼灸接骨院などの場合、1階店舗床の高さを前面道路から高くし過ぎると、道路から医院玄関まで、

  • スロープの勾配が急になるorスロープの距離が長くなる。
  • 階段の段数が増える。
  • 外構では、駐車場・駐輪場の床の勾配が急になる。

など来院いただくどこか体に痛みのある患者様にとって負担となり、サービスとして良くありません。
(私は腰痛持ちで、痛みがひどい時は階段やスロープの昇降はかなり辛いです(ー ー;))。
ですので雨水などの事も配慮しながら、今までのノウハウを活かし、その敷地に合った最適な各高さを決めさせていただきます。

この「接骨院開設予定地」の看板、どこかで見たような^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

06|行政機関との打合せ→申請書類作成

申請書類提出の事前打ち合わせの為に愛知県清須市西批杷島庁舎へ行ってきました。
建築敷地が「地区計画区域」内ですので、清須市役所へ「地区計画の区域内における行為の届出書」を提出し、許可が降りてから「確認申請」の提出となります。

次に公図など申請に必要な公的図面の取得をしに名古屋法務局一宮支局へ。
さあ、今から申請書類関係をいっきに仕上げます^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

07|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の「地区計画の区域内における行為の届出書」を提出

「地区計画の区域内における行為の届出書」を提出しに愛知県清須市役所西批杷島庁舎へ行ってきました。
先日の先生とのお打合せではご実家でお父様が作られているお野菜をお土産にいただきました^ ^
先生、お父様、ありがとうございます!
美味しくいただかさせていただいます^ ^

お施主様の夢の実現のお手伝いを引き続き誠意を持って全力で取り組まさせていただきます!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

08|「地区計画の区域内における行為の届出書」の受取に西枇杷島庁舎へ

建築地は地区計画区域内にある為、清須市へ「地区計画の区域内における行為の届出書」を提出しているのですが、その申請が降りたとの連絡をいただいたので清須市役所まで書類を受け取りに行ってきました。
次はこの申請書を添付し「確認申請」を作成し、確認検査機関へ申請する事になります。
確認申請が降りるといよいよ工事着工です!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

09|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の人に優しい街づくりに関する条例

愛知県条例「人に優しい街づくりに関する条例」の申請書類提出の為に愛知県西枇杷島庁舎に行ってきました。
この愛知県条例は条例が指定している不特定多数の方が利用する施設・店舗・医院などを新築・増築等々する場合に愛知県や市の建築指導課等へ提出しないといけないものです。
これは一般的には「バリアフリー条例」と言われているもので、各自治体によって条例名や該当施設が違いますので、集客施設を設計・デザインさせていただく場合には注意が必要です。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

10|鍼灸接骨院・店舗付き住宅様、(祝)地鎮祭^ ^

(祝)地鎮祭^ ^

地鎮祭を執り行わさせていただきました^ ^
昨日からの大雪で心配をしていましたが、地鎮祭中は太陽が顔を出し、滞りなく地鎮祭を進めさせていただけました。

建物の位置の決定

白いヒモが建物外壁の位置となります。
院長先生に図面上での建物の位置を説明、設計の意図を詳しく説明をさせていただき、最終決定をさせていただきました。
当然、建物の位置はプラン作成時に院長先生と何度も打ち合わせをさせていただき図面をまとめているのですが、今津デザイン事務所では必ず現地でお施主様に確認をし、納得をしていただいてから工事をスタートさせます!

建物の地盤高さ、1階床の高さの決定

地鎮祭後に院長先生と「建物の位置」「1階床の高さ」のご提案・確認・決定をさせていただきました。
「GL」「FL」の印がそれぞれ前面道路の道路側溝蓋天から「GL」は建物周囲の高さ、「FL」は鍼灸接骨院の1階の床の高さとなります。
住宅ですと「GL」や「FL」は浸水などを考え少しでも高くと設定する事も多いですが、鍼灸接骨院の場合はあまり高く設定すると医院入り口までのスロープが長くなり、外階段の段数も増え、駐車場の勾配も急になるなど患者様へのサービス・使いやすさ・配慮としては良くありません。
この高さ設定はいつもお施主様に今までの多くの経験とノウハウをお話しさせていただきご提案・ご相談・決定をさせていただいています。

さあ、いよいよ工事スタート!
完成まで院長先生とご相談をさせていただきながら「より良い温もりのある癒しの空間」を創らさせていただきます!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

11|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の基礎柱状改良杭工事立ち会い検査

 

基礎湿式柱状改良工事

基礎柱状改良杭工事の現場立ち会い検査を行いました。
設計時での地盤調査では支持地盤(地面の下の建物を支える固い地盤でこの固い地盤まで柱状改良杭工事を施工します)は前面道路の側溝蓋の高さを基準にして地面下3mだったのですが、重機を地面下に入れると直ぐに重機が固い地盤に当たり地面下に入って行かない状態に!
その様子が動画でも確認できますのでぜひご覧下さい^ ^
1本目の柱状改良杭の地盤は事前調査よりも支持層が浅かったので2本目以降も予定通りかそれよりも浅い深さでの施工で進める事ができそうです。

基礎柱状改良工事立ち会い検査

柱状改良杭の径(直径)が図面指示通りのサイズかどうか?の検査を行いました。

基礎柱状改良工事が終わると次は基礎の地業工事を行い地盤を整えた後、基礎鉄筋を組み、基礎コンクリートを打設します。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

12|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の地業工事、院長先生と業者との顔合わせ

地業工事

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。
現場は基礎柱状改良工事も終わり地業工事に移っています

地業工事と言われる工事の範囲は広いですが、今日は建物の基礎を造る為の下準備、土を基礎の形に綺麗に形成し、高さを調整し、締め固める工程を行っていました。
次の工程では地面からの湿気が1階床上に上がってこないように防湿シートを敷き、捨てコンクリートを施工し、防湿シートの上に断熱材を敷き、基礎の鉄筋を組んでいきます。

防湿シート、断熱材、鉄筋を組んだ写真は後日、基礎配筋検査がありますのでその時にアップをさせていただきます。

合併処理浄化槽の設置工事も終了。
合併処理浄化槽の処理対象人員算定基準は建物の用途により処理対象人員の算定式が違います。
「店舗(鍼灸接骨院)付き住宅」の場合は、
「住宅の人員」+「診療所・医院(鍼灸接骨院)の人員」=「店舗付き住宅(鍼灸接骨院)の人員」
となります。

今日は院長先生と電気工事、設備工事、ガス工事会社それぞれの担当者との顔合わせと、それぞれの業者からの質疑、鍼灸部分のフロアーコンセントなど1階土間コンクリートに埋設する事となる配管の位置などを決めさせていただきました。
次に現場へ行くのは基礎配筋検査を行いにですが、来週早々に今津デザイン事務所にて現場監督や木材加工業者と上棟に向けての木材加工(プレカット)の打ち合わせを行います。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

13|住宅設備機器のショールムへ

院長先生と一緒に名古屋駅近くの住宅設備機器ショールームへ行き、システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、便器とトイレ周辺機器、室内建具、玄関扉やフローリングなどのお打ち合わせをさせていただきました。
プラン作成中や設計・デザイン中にも住宅設備機器ショールームにご一緒していただきシステムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレ関係のシリーズや仕様は決めさせていただいているので、今回はシリーズと仕様の再確認、それぞれの色などを決定させていただきました^ ^

住宅設備機器の打ち合わせ後、ショールーム内のカフェで院長先生とお茶をしながら院長先生が今現在考えておられるご希望をお聞きしましたので、後日現場定例打ち合わせ会で議題に出し現場に反映させていただきます^ ^

明日は朝一番で基礎配筋検査です。
これからも院長先生とご相談をさせていただきながら、院長先生の優しいお人柄を表現した温もりのある鍼灸接骨院を創らさせていただきます!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

14|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の基礎配筋検査へ

基礎配筋検査

基礎配筋検査に行ってきました。
住宅瑕疵担保保険の基礎配筋検査は昨日既に合格済みとの事ですが、私も基礎配筋の施工状況を細かく検査!
特にコーナー部分の鉄筋の重なり長さのチェックを疎かにしている施工業者、保険の検査員も多いのでその部分もしっかりスケールで計ります。
建築基準法通り、設計図面指示通りに現場が施工されているか?をスケールで採寸して細かく検査をして行きます。

基礎鉄筋かぶり厚さの検査

鉄筋には各カ所(基礎や壁、梁、土に接する・接していない部分などなど)によって鉄筋をコンクリートが覆う厚さ(かぶり厚さ)が決められています。
そのかぶり厚さも細かく検査を行いました。

店舗の床は住宅の床と造り方、構造方法が違います。
その規定方法のように施工がされているかも検査を行いました。
このような施工方法を知らない業者に施工を依頼すると後で店舗床が寒い・冷たい、じめじめする、床の仕上げ材が下からの湿気で剥れてくるなどの不具合が出ますのでお気をつけ下さい。
今津デザイン一級建築士事務所が現場監理をしている現場では事前に施工業者としっかり打ち合わせをし、指示通りの施工をしてもらいます。

鍼灸室フロアーコンセント

鍼灸室ベット下用のフロアーコンセントも前回の打合せで決めさせていただいた位置に設置済みです。
電気屋さんの注意書きが真剣なんだけど面白い^ ^

さあ、明日は早朝から基礎コンクリートの打設です^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

15|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の基礎コンクリート打設立会い

 

 

コンクリートポンプ車の施工後の掃除の様子です。
作業後はこのように現場で綺麗に掃除をしてから帰って行きます^ ^

 

 

基礎コンクリート打設の立ち会いを行いました。
本日快晴、絶好の基礎コンクリート打設日和です^ ^

昨日の鍼灸室フロアーコンセントも写真のような状態に^ ^
現場は楽しいです^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

16|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の基礎コンクリート打設後監理、現場定例打合せ

基礎コンクリート打設後の現場監理と院長先生との現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。

現場は基礎コンクリートの打設工程が終わり、上棟に向けての準備中です。

鍼灸院内フロアーコンセント

鍼灸室内の「ふむな!!」のフロアーコンセントも院長先生ご希望の位置にしっかいと埋まっています^ ^
現場監理後は、場所を現場近くの喫茶店に移し、院長先生、今津デザイン事務所、施工関係者で前回の打ち合わせ会の内容確認や住宅設備機器(システムキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレ関係)の仕様の確認、室内建具や屋根材、フローリングの色などをご提案・お打ち合わせ・決定をさせていただきました。
さあ、次はいよいよ上棟です!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

17|鍼灸接骨院・店舗付き住宅様、(祝)上棟^ ^

 

 

本日、設計・デザイン、新規独立開院・開業支援をさせていただいている「店舗(鍼灸接骨院)付き住宅」様、(祝)上棟^ ^
現場の音に包まれると益々やる気が湧いてきます!
さあ、頑張ろう!

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

18|鍼灸接骨院・店舗付き住宅のコンセントやスイッチの位置・高さの打ち合わせ

コンセントやスイッチ位置の決定

コンセントや照明スイッチ、テレビ配線、LAN配線などの位置や取り付け高さの打ち合わせをさせていただきました。
院長先生に使い勝手を少しでもイメージしていただきやすいよう、現場では図面作成時に院長先生とご相談をし決めさせていただいている位置にコンセントボックスやスイッチボックスを仮付け済みです^ ^
まずは「鍼灸接骨院」からコンセント関係の打ち合わせスタート!
院長先生、今津デザイン事務所、現場監督、電気屋さんと一緒に現場をまわり、先生のご希望をお聞きし、ご提案をさせていただきながら決めさせていただきました。

2階住居部分へ移動し、コンセントやインターフォンの位置や取り付け高さなどを決めさせていただきました^ ^

地震・台風・火災に強い構造用合板|ダイライト

今津デザイン一級建築士事務所の仕様で、外壁全面に「地震・台風・火災に強い構造用合板|ダイライト」を張る事になっています。
このダイライトを張る事により建物の強度が増します。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

19|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の構造用金物と構造用合板の検査

構造用金物と構造用合板の検査

構造用金物と構造用合板、筋交いなどの建物の構造に関わる箇所の検査を行いました。
構造用金物図面の指示通りに現場が施工されているか?を現場と構造用金物図面とを見比べながら一箇所ずつ細かく検査をします。

構造用金物修正箇所

構造用金物にビスが3本打っていません。

構造用金物にビスが2本打っていません。

このような修正箇所を現場監督に指示をし、次回の現場定例打ち合わせ会にて再検査をします。

前回の現場定例打ち合わせ会で変更となった事項を現場監督が忘れないよう、写真(2段目右から1,2枚目)のように現場でメモをしています。
施工会社や現場監督によって現場管理の方法が違うので、見ているとそれぞれの担当現場監督の性格が出ていて面白いです^ ^

構造用合板(ダイライト)の施工状況検査

外に移動し外壁の構造用合板(ダイライト)の施工状況の検査。
構造用合板は柱に釘で打ち付けて止めるのですが、その釘の間隔がメーカーの仕様によって決まっています。
その仕様通りに現場が施工されているか?を目視やメジャーで測りながら外壁全周検査を詳細に行いました。
当たり前の事ですが、構造がしっかりとしていてのデザイン。
今津デザイン一級建築士事務所ではお施主様の代理として、細かく厳格に厳しく現場監理をさせていただいています。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

20|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の外壁材・室内建具などの現場打合せ

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。
まずは外壁材の色やテクスチャーを院長先生とご相談させていただき決定。

接骨院施術室

建物内へ移動し、前回の打ち合わせで決めさせていただいた内容の確認や、施工業者からの質疑、院長先生のご要望をお聞きし、より良い鍼灸接骨院となるよう院長先生にご提案をさせていただきながら進めさせていただきました。

心地の良い光の入る2階LDK

前回の構造用金物検査の時は、建物開口部が外壁の構造用合板でおおわれていたので室内は暗かったのですが、サッシを取り付ける箇所の開口も空き、室内には心地の良い光が入ってきています^ ^

両開きペアガラスサッシ

防蟻・防腐処理の検査

柱や土台の木材部分には法規や図面仕様書による指示箇所に「防蟻・防腐処理」をする事になっていますので、その処理が適切に行われているか?の検査も行いました。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

21|梁や柱など室内木部塗装色の打合せ、構造用金物再検査

 

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。

動画は鍼灸接骨院内と住宅室内の木部塗装色を院長先生にご提案・ご相談をさせていただきながら決めているところです。
塗装職人さんにこちらの希望している色を説明し、木材に塗った時に希望の色に近づくよう納得するまで何度も何度も調合してもらい決めさせていただきました。
今回の塗装は木の温もりを活かす為にペンキのベタ塗りではなく、塗装をしても木材の模様(年輪)が活かせる塗装なのですが、この塗装ですと同じ木の種類でも木材によって塗料の吸い込みや木材元々の赤みなどが違うので色合わせをしても微妙に色に個性が出ます。
でもそれがまた良い空間演出となるんです^ ^

鍼灸接骨院と住宅室内の柱や梁など木材の塗装色を決定

現場で院長先生や職人さん達とコーヒーブレイク^ ^

構造用金物検査時の写真

構造用金物のビスが3本打っていないので修正を支持。

構造用金物ビス修正後の写真

指示箇所には指示通りにビスが打ってあります。

構造用金物検査時の写真

構造用金物のビスが2本打っていないので修正を支持。

構造用金物ビス修正後の写真

指示箇所には指示通りにビスが打ってありましたので構造金物検査は合格とします。

今津デザイン一級建築士事務所では、お施主様の代わりに現場が法規・図面通りに施工がされているか?を細かくしっかりと監理させていただいています。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

22|外壁塗材、外壁デザインタイル、カルテ棚などの打合せ

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。

外壁の塗り壁・アクセントタイルの決定

まずは外壁に塗る塗り材の色とテクスチャー、外壁の一部にアクセントとして貼るタイルの色を先生とご相談をさせていただきながら決めさせていただきました。
タイルはマンションなどに使われるツルツルで冷たい感じの物でなく、医院のコンセプトに合う素朴で味わいと温もりのあるタイルを採用。
明るい爽やかな鍼灸接骨院の完成に向け着々と工事進行中です^ ^

外壁下地材・仕上材の収まりの検査

外壁仕上材の種類によって下地の材料や施工方法は変わります。
今回は2階や来院される患者様から見えにくい外壁部分はコスト削減なども考慮しサイディング仕上とし、患者様の目に触れる部分には優しさと温もりを演出する為に塗り壁を採用しているので、それぞれの部分で下地の収まりが変わってきます。
その収まりの方法が各建材メーカーの仕様通りに施工がされているか?のチェックを行いました。

サイディングの下地・取り付け方法がメーカー仕様書通りに施工がされているか?を検査しました。

鍼灸接骨院の受付カウンターやカルテ棚の打ち合わせ

場所を移し内装の収まりや院内の受付カウンター、カルテ棚の詳細な寸法や色を院長先生にご提案させていただき、それに対する院長先生のご希望をお聞きしましたので次回の現場打ち合わせ会までに家具図面を修正し、再確認・決定をしていただく予定です。
受付カウンターやカルテ棚は開業される先生の勤めてこられた職場環境により先生のご希望が大きく違ってきますので、いつも私どもの蓄積されているノウハウをお話をさせていただきながら、先生の使い勝手・作業効率が良くなるようご提案し決めさせていただいています。

ユニットバス設置

先生と一緒に住宅設備機器ショールームへ行き選んできたユニットバス設置積みです^ ^

ユニットバス床下配管

こちらはユニットバスの床下・床裏部分。
(2階に設置したユニットバスの床下を1階から見た写真です。)
住宅設備機器メーカーによって収まりが微妙に違っていて面白い^ ^
よく見ると配管のコーナー部分だけ透明の配管が使われているのがわかります。
配管が詰まるとしたらコーナー部分が多いので、どの場所で詰まったのかが一目でわかるようにコーナー部分の配管は透明にしているとの事です^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

23|鍼灸接骨院・店舗付き住宅のタイル、床材、壁紙の打合せ

外壁アクセントタイル目地色の決定

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。
まずは外壁の一部にアクセントデザインで張るタイルの目地の色を院長先生とご相談・決定させていただきました。
一般的にはグレー系の濃い色の目地を使う事が多いのですが、今回は明るく温もりのある爽やかな鍼灸接骨院となるようホワイト系の明るい目地を採用させていただきました。

玄関床タイルの決定

打ち合わせ場所を玄関へ移動。
玄関床に張るタイルの色をご相談・決定させていただきました。
鍼灸接骨院の玄関床タイルは先程の外壁に張るアクセントタイルに合わせた色に、住宅の玄関床タイルには玄関扉の色に合うホワイト系の明るいタイルを採用^ ^

鍼灸接骨院、住居部分の壁紙の決定

鍼灸接骨院、住居部分の壁紙の色・デザインを壁紙のショールームで選んできたいくつかの候補サンプルを壁に張り、院長先生と一緒に見比べながら、ご相談・決定をさせていただきました^ ^

接骨院・鍼灸院の床材の決定

鍼灸接骨院の床材の色・デザインも決めさせていただきました。
こちらの床材は土足にも対応していて強度が有り、掃除など日々のメンテナンスも楽な材料。
本物の木のような凹凸も有り、裸足で歩くとその凹凸の感覚がとても気持ち良いです^ ^
(この床材を使わさせていただいたある施設の奥様は、建物お引き渡し後5年以上ずっと本物の木のフローリングが張ってあると思われていました^ ^)

鍼灸室

鍼灸室の天井です。
灸の煙を換気扇の吸気と排気の位置によって室内にこもらないよう配慮をしつつ、天井が高く居心地の良い空間となります。

接骨院トイレ

トイレには備品を置く棚を最適な高さに設置してあります。

接骨院更衣室・バックヤード

接骨院の更衣室・バックヤードには少しでも収納場所が確保できるよう収納棚を壁全面に設置。
接骨院・鍼灸院は古いカルテや医療備品のストックなど収納をしておくものが多いので、付ける事のできる場所には収納棚を設置してあります。

現場はお引き渡しに向け着々と進行中です。
今後の進行状況をお楽しみに^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

24|壁面看板・外構、カルテ棚や受付カウンター、待合室椅子などのお打合せ

現場定例打ち合わせ会をさせていただきました。
以前の現場打ち合わせ会で院長先生とご相談をさせていただき選んだ出窓のタイルとタイル目地の色ですが、アプローチの木造庇と共に建物に温もりをあたえていてとても良いです^ ^

鍼灸接骨院の看板・外構関係の打ち合わせ

まずは建物外壁上部に取り付ける院名、ロゴキャラクターの取り付け位置・サイズ・色を院長先生にご提案し決定させていただきました。
次に庭に使うブロックの柄と色を院長先生とご相談し決定!
外壁塗材の色、出窓のタイルのデザイン、アプローチの木造庇などで温かく優しく、親しみのある患者様が入ってみたくなる外観となります^ ^

鍼灸接骨院の受付カウンター・カルテ棚など作り付け家具の打ち合わせ

室内へ移動し、前々回・前回お打ち合わせをさせていただいた鍼灸接骨院の受付カウンターやカルテ棚など作り付け家具の寸法や仕様・取手デザインなどを修正した家具図面を院長先生に見ていただき確認・決定をさせていただきました。
受付・事務作業を小スペースで効率良く行えるようにする為にとても重要な工程です。

鍼灸接骨院待合室のソファー生地の打ち合わせ

鍼灸接骨院待合室の患者様用ソファー椅子の表面キルティング材の色や柄も決めさせていただきました。
この生地選びにも店舗デザインのノウハウが必要で、院長先生にご提案をさせていただきました^ ^

鍼灸室

鍼灸室は女性治療家の先生が施術をされるので、女性に親しまれ、喜ばれる空間創りをさせていただきます。

待合室・バリアフリー玄関

鍼灸接骨院のバリアフリー玄関から待合室への入り口上部は優しい空間となるよう半円となっています。
それ以外にも患者様の心がホッとできる細かな配慮が色々としてありますので、鍼灸接骨院の内覧会の時にぜひ見つけてみて下さい^ ^
今津デザイン事務所の福祉施設や接骨院を多く設計・デザインさせていただいている蓄積された多くのノウハウで、利用者さんや患者様に優しい、目立たないのですがどこか他の施設とは違う、でもその少しの違いと配慮の積み重ねの設計・デザインにより他の施設との居心地の良さが違う空間となっています!

更衣室・バックヤード

限られた空間の中で少しでも収納スペースが確保できるよう空間上部に棚を設置してあります。

2階住居:洗面・脱衣室

住宅部分にも収納力アップの為の工夫をいろいろとさせていただいています^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

25|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の外構打ち合わせと現場進行状況のチェックへ

外構の打ち合わせ

駐車場や花壇、敷地境界ブロックなどの外構関係の打ち合わせと、現場の進行状況のチェックを行いました。

電線引き込み工事

電柱から建物内への電線の引き込み工事の様子です^ ^。

収納・クロゼット

住居の各個室には大容量の収納が付いています。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

26|鍼灸接骨院・店舗付き住宅の確認申請完了検査&消防検査

建築確認申請完了検査を受けもちろん合格。

午後からは誘導灯や消火器が消防法に適合するよう設置がされているかの消防署の完了検査を受けこちらももちろん合格。

公的な検査も次々と終わり、いよいよ建物のお引き渡しが近づいてきてしまいました・・・。
嬉しいですが、院長先生とのワイワイ楽しい打ち合わせの時間が無くなると思うと寂しくなってきます。

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

27|鍼灸接骨院・店舗付き住宅のお施主様・設計事務所建物引き渡し前検査

お施主様・設計事務所建物引き渡し前検査をさせていただきました。
引き渡し前検査では、お施主様と設計事務所が建物内と外構をまわり、建物の仕上がりをほんとうに細かくチェックし、手直し箇所があれば施工業者に指示をし、その手直しが終わるとお施主様への建物お引き渡しとなります。

鍼灸室

女性の先生が施術をされる鍼灸室も、木の梁を活かした落ち着きのある優しい癒しの空間となりました^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

28|建物のお引き渡しと取り扱い説明^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 


 

29|内覧会1日目、大盛況でした^ ^

設計・デザイン、新規独立開院・開業支援をさせていただきました「はなみずき鍼灸接骨院」様の鍼灸接骨院の内覧会にうかがわさせていただきました^ ^
院内の写真も撮りたかったのですが、お客様が次々と来院くださり常に院内はお客様でいっぱいの大盛況で嬉しい断念^ ^

◯鍼灸接骨院、店舗付き注文住宅の新築設計・デザイン、開院・開業支援|清須市

 

←店舗(鍼灸接骨院)兼用住宅|はなみずき鍼灸接骨院|完成写真はこちら

 

 

Keyword
鍼灸接骨院、店舗付き住宅|はなみずき鍼灸接骨院

  • 活気がり繁盛し成功する為の設計・デザイン、新規独立開院・開業・オープンのサポート支援、既存医院の再生改装・増築設計、店舗デザインをさせていただいています。
  • 名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、大阪府、一宮市を中心に全国まで対応をさせていただきます。
  • 無料相談は随時受付をさせていただいておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
  • 土地探し、テナント店舗探しからのお手伝いもお任せ下さい。
  • 「独立開院・開業をしたいんだけど何から始めればいいのかわからない・・・」とお悩みの先生・オーナー様もお気軽にご相談下さい。私達がこれまでの多くの経験で得た独立準備から予算の事、開業資金の借り入れ方法、開院・開業から繁盛院・活気のある福祉施設にして行くまでのノウハウをお話させていただきます!
  • 日曜日・祝日、先生・お施主様のお仕事後からのお打ち合わせにも対応をさせていただいております!

imazudesign

98,357 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。