老後を夫婦二人で楽しむ住まい|建設敷地のレベル(高低差)測量へ

設計・デザインをさせていただいている木造平屋建てバリアフリー住宅「老後を夫婦二人で楽しむ住まい」の敷地レベル測量に行ってきました。
数週間前はまだ雑草が生えていなかったのですが今は写真の状態。
雑草をかき分け、蚊に刺されながらの測量^ ^
レベル測量とは、敷地内の高低差や隣地と建設地、前面道路や側溝と建設地との高低差を測量する事で、この測量データを使い新築する住宅の1階床の高さや建物の高さを決めて行きます。

事前に現状計画している建物プランの外壁ラインにロープを張り、敷地に対する建物の位置の確認、今回はバリアフリー住宅となるので前面道路からどのようにスロープを作れば使い勝手が良くなるかなどの検討を現地で行いました。

この外壁予定ラインは近々行う地盤調査にも利用します。

裏は用水です。

敷地には現在使用されていない建物が建っているので、この建物を壊し建て替える計画です。
前面道路は県道なのですが、道路中心がかなり高かったのでそれを頭に入れて1階床の高さを検討・決定させていただきます。

 

 

 

老後を夫婦二人で楽しむ住まい|木造平屋建てバリアフリー注文住宅の設計・デザイン

詳細情報はこちらをご覧下さい・・・CLICK

 

 

今津デザイン一級建築士事務所

無料相談は随時受付中です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

バリアフリー住宅、ホームエレベーター付き住宅、平家建ての住まい、夫婦で楽しむ住まい、二世帯住宅、フランスの山小屋風の住まい、鉄筋コンクリート打ち放し住宅、店舗付き住宅、温もりのある住空間、ローコスト住宅|注文住宅の設計・デザイン
名古屋市・愛知・岐阜・三重から全国まで対応

imazudesign

11,231 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。