老後を夫婦二人で楽しむ住まい|木造平屋建てバリアフリー住宅の完成写真

設計・デザインをさせていただいた老後を夫婦二人で楽しむ住まい

老後を夫婦二人で楽しむ住まい

愛知県一宮市で設計・デザインをさせていただきました木造平屋建てバリアフリー住宅「老後を夫婦二人で楽しむ住まい」の完成写真を更新しました。
ぜひご覧下さい。

木造平屋建てバリアフリー住宅

  • 用途:住宅
  • 住所:愛知県一宮市
  • 構造:新築・木造平屋建て
  • 設計・デザイン

◯詳細情報、ブログ掲載以外の完成写真はこちらをご覧下さい・・・CLICK

二間続きの和室

新築では少なくなってきた二間続きの和室。
奥様は将来、この二間続きの和室を使い、お花の教室やお友達との集いの場として利用したいそうです。
奥様とご相談し決めさせていただいた落ち着いた襖柄は各室別の柄とし、襖の表裏でも襖柄を変えてあります。
襖柄を各室変える事で、それぞれの和室に個性が出ます。

設計・デザインをさせていただいた老後を夫婦二人で楽しむ住まいの思い出の欄間

思い出の欄間

旦那様の思い出のたくさんつまった「欄間」はクリーニングをし、二間続きの和室に再生・活かさせていただき、旦那様にとても喜んでいただきました^ ^

ダイニングキッチンと中庭

最近はLDK形式の対面キッチンとする住宅が多いですが、今回は奥様のご希望により「ダイニングキッチン」とし、キッチン・食事スペースとくつろぐ為のリビングとは扉で仕切れるように設計・デザインをさせていただきました。
ダイニングキッチンが閉鎖的にならないよう中庭を設け、各窓・勝手口扉からの光により開放的で明るい空間となっています。

システムキッチンはお施主様の支給品

システムキッチン本体はお施主様がお知り合いの業者から展示品を格安で購入し、取り付けは建物本体の施工を受注した建築会社に依頼をしました。
コストを抑える為やお施主様の趣味を活かす為に照明器具や家具、小物、備品などを施主支給品とし、取り付けを建築会社に依頼する事は多いです。

造り付け製作棚

キッチンバック棚の横には奥様が長年愛用されているガス調理器具専用の棚を奥様が選ばれたリクシルのキッチンバック棚と同じ面材を使い製作。

リビングとダイニングキッチン

ダイニングキッチンとリビングとの間の扉を開くと広く・開放的な空間となりとても心地良いです。
親戚やお友達が集まる時にはこのような使い方が便利です。
リビングから調理をしているところを見せたくない時は、3枚仕切り扉のうちの1枚を閉めてキッチンスペースを隠すなどフレキシブルな対応が可能です。

車椅子対応洗面化粧台

住宅のコンセプトは「老後を夫婦二人で楽しむ住まい」。
将来の事も考え、洗面台は「車椅子対応洗面台」を選んであります。

高齢者・バリアフリー対応ユニットバス

浴室には壁面にぐるっと手摺が取り付けてある高齢者・バリアフリー対応ユニットバスを採用。
実は手摺の色の選定にも介護・福祉施設や接骨院などを数多く設計・デザインさせていただいている今津デザイン一級建築士事務所のノウハウを活かしています。
◯詳細情報、ブログ掲載以外の完成写真はこちらをご覧下さい・・・CLICK

 

 

 

老後を夫婦二人で楽しむ住まい|木造平屋建てバリアフリー注文住宅の設計・デザイン

詳細情報はこちらをご覧下さい・・・CLICK

 

 

今津デザイン一級建築士事務所

無料相談は随時受付中です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

バリアフリー住宅、ホームエレベーター付き住宅、平家建ての住まい、夫婦で楽しむ住まい、二世帯住宅、フランスの山小屋風の住まい、鉄筋コンクリート打ち放し住宅、店舗付き住宅、温もりのある住空間、ローコスト住宅|注文住宅の設計・デザイン
名古屋市・愛知・岐阜・三重から全国まで対応

imazudesign

10,802 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。